下克上アフィリエイト 実践報告2

今回は下克上のアフィリエイトノウハウの
今日までの実践結果の報告&思った事を
だーーっと書こうと思います(笑)

下克上を購入するか迷っていた人って
『実践した人の結果を見て再現性を確認したい』
と思っていましたよね。

私の場合、トレンドキーワード戦略は
初心者と対して変わらないんですけど、
結果はまぁまぁ・・・なのかな?と思っています。

自称^^;

まず、前提条件なんですが、
まだ下克上の全てのノウハウは使いきっていません。

というか、いろいろ他の作業もやっていたので
全部は実践しきれませんでした。

実際のリサーチ&1記事書く時間は
合わせて40分から時々1時間ちょっとかかった感じです。

逆に言えば、この成果に対しては
それ以上の作業はしていません。

そして、使ったASPは、
・アマゾン
・楽天
・グーグルアドセンス
です。

下克上実践の成果としてカウントするのは
18日にブログ作成して当日から31日まで
1日1記事更新したので13日間のアフィリ報酬です。

では、まず楽天。

楽天の成約画像

(クリックすると拡大します)

今回はキーワード次第で記事の中に楽天やアマゾンを
自然な流れで盛り込むように書いていました。

結果、アクセスが爆発する記事では
それ相応にクリックされました。

そのクッキーの効果でこんな感じの成果が出たみたいです。

楽天の成約画像2

(クリックすると拡大します)

13日間の売り上げが288722円で報酬が2886円ですね。

もし1ヶ月続けていたら6000円くらいの計算になりますし、
なかなかではないですか?^^

続いて、アマゾンなんですが、
こちらは月終わりにいきなりヒットキーワードに当たって、
55個も売れました。

アマゾン成果

そこに行き着くまでクリックはされども一つも売れなかったのに(泣)

この教訓から、売れる物を見つける事が出来れば
報酬は一気に跳ね上がるって実感が湧きましたね(笑)

そして、今回ブログを作って当日から報酬発生させた
アドセンスの結果はこんな感じです。

アドセンスクリック状況

毎日コンスタントに・・・と言いたい所なんですが、
始めた当初のキーワードがいきなりラッキーヒットだったみたいで
少しづつダメになっています。。

少し盛り返しては凹んでって感じの曲線描いてますが、
これは完全にアクセス数に依存しています。
凹んでる所はキーワード選定でミスしてる所です。

アクセス数で言えば良い時1000くらいで、
悪い時は50前後くらい(泣)

アドセンスの報酬の波

この凹んでるところの波がノウハウコレクターを作る原因!
これ、絶対に忘れないで下さいね。

精神的なショックは自分が体験者なんで分かるんですが、

『結果には原因がある。それを見つけて改善すべし!』
こう考える習慣をつけようと思い直して頑張ってます(笑)

続ける事で、成果を出す秘訣が少しづつ分かり始めている気がするし、
キーワードを選ぶのも記事を書くスピードも少しだけ上がりました^^

(バナナデスクさん曰く、慣れれば1時間で5記事はいける&
下克上のトレンドキーワード選定だけで月10万はいけるそうです。)

そして、何より大切なのは記事を書く習慣です。

これも下克上の販売者さんであるバナナデスクさんが
一番強調して言っていた大事な事です!

継続すること、そして、
実践⇒結果⇒改善を習慣化する事。

これが自分の実力を底上げする唯一の方法だって事に
今さらながら気づきました^^;

下克上は少なくても、
トレンドキーワードの選定能力と
記事を書く能力が満足するレベルになるまでは
続けていこうと思います。

最後に、13日間のアクセス数なんですが、

下克上ブログのアクセス数

こんなもんです^^;

下克上ノウハウでは5000アクセスくらい集められれば
5000円は超えるって事です。

ちなみに、キーワードで成功した記事は1000以上のアクセスだったので、
キーワード選定がうまくなれば5記事で達成出来る計算ですね(汗)

アフィリ報酬が0のままの場合は、

・キャッシュポイントがきちんと設置してあるか?
・きちんと継続出来ているか?

この2つだけで乗り越える事が出来ます。

ちなみに余談なんですが、ハズレキーワードも
毎日少しづつ(10~20)のアクセスにはなってます。

この少しのアクセスも記事を重ねる事でどんどん増えていきますし、
『アフィリ作業に無駄はないんだ!!』って思って頑張っていきましょう^^

⇒ 下克上をチェックする

⇒ 下克上の志夢特典一覧

一緒に読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
FX手数料