IS04 ケータイアップデート ~ベースバンドバージョンがアップデート出来ない時の対処法~

僕はauユーザーなんですが、
発売当初からIS04を使っています。

そして、最近OSアップデートをやろうってずーっと思ってたんだけど
今日やっと重い腰を上げてやることにしました。

結果、諦めかけたけどうまく出来たんですが、
貴重な1日をアップデートがうまく出来ない原因を探るのに
使い切ってしまいました^^;

さて、そのIS04のベースバンドバージョンについてなのですが、
このベースバンドバージョンがアップデート出来ない件に関しての
原因だった記事がなかなかみつからず(汗)

157のサポートセンターでもauショップでも解決出来ず、
メーカー送りを言い渡されたバージョンアップですが、
たった数行の作業手順の読み落としで解決出来たのです。

まず僕の場合、
ベースバンドバージョン:5011.31907.23でした。

状態としては、アップデート出来るのですが、
再起動後完了メッセージが出ても更新されないのです。

何度試してもアップデート完了メッセージは出ても更新されません。

auサポートセンターでは、ケータイからケータイアップデートを行うしか
アップデート方法はないと言われました。

そして、試したのは端末の電源入れ直しと端末のカードや電池の
挿し直しでした。

もちろん効果なし。

auショップでは何か特殊なソフトをインストールする方法をするそうですが、
これもベースバンドバージョンを上げるのではなく、
OSのアップデートに関するソフトだそうで、NG。

結局問い合わせではメーカー送りの判断しかされませんでした。

でも、それだけは絶対にイヤだったので
もうちょっと頑張って記事検索続行(笑)

そして、ついに読み落とし発見!?^^

まず、ベースバンドバージョンが5011.1907.xxだったら
たぶんケータイからのケータイアップデートでは
対応出来なくなってるんだと思います。

東芝のメーカーページから拾ったのですが、

http://spf.fmworld.net/kddi/update/is04rc3re/

このページにはっきりと

ソフトウェアアップデートを進めています(笑)


ただ、これをやると全て初期化されるので、
僕は自然と避けていたので記事を見落としたんですね^^;

まぁ、最低限の対処法ですが、
上記ページの方法でバックアップして頂ければ
多少の情報は残せます。

メーカー送りの上に初期化されて返ってくるよりは
試す価値があると思います^^;

ただ、この方法は多少のPC知識は必要かもしれませんが。。

上記リンクページの一番下からソフトウェアはダウンロードして下さいね。

なんだかすっごいダウンロード遅いんですけど
(1時間半くらいかかった/汗)

僕はこの方法でベースバンドバージョンもOSも最新状態に
更新出来ました♪

OSを更新するとどんな機能向上があるのかは、

http://www.fmworld.net/product/phone/is04/os_update.html

このサイトがわかりやすいと思います^^

メールの文字化け、
きちんと解消されてるといいなぁ^^;

具体的なアップデート方法は、下記ページを参考に実施してみて下さいね!

http://ftml.ssdl1.smartstream.ne.jp/ftml/kddi/IS04RC3RE/IS04_Software_Update_Manual_RC3RE.pdf
※このリンクが壊れていたので追記します。


 

追記

上記の壊れたリンクページに行く方法です。

下記リンクからIS04ソフトウェアアップデート方法のページへ入り
下の方までスクロールすると【更新手順書のダウンロード】と言う項目があります。

こちらのリンク先が上記リンクと同じページに行くリンクです。

IS04のバージョンアップ手順方法の解説ページ


 

僕はこの方法で全てうまくいきましたので紹介させて頂きました。

そして、この事実はサポートセンターやauショップでは
把握されていないようなので、
個人の責任でとっとと解決しちゃいましょう(笑)

ただし、僕もリスキーは覚悟した上で行ったのですが、
OSアップデートなので、スマホが壊れるとか動かなくなった時の
覚悟と対処法を考えた上で試して下さいね!

僕は壊れたら前の携帯に端末カードを写して対処する覚悟で
やってみたので^^;

一緒に読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年8月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:志夢の日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
FX手数料